家電をネットワークで繋いで、操作や消費電力の効率化をめざす、(注)スマートホーム。この分野にパナソニックやKDDIが参入していますが決定版と言える商品はまだありません。

そこにPCメーカーのマウスコンピュータが2万円台で一通り揃う格安キットを投入しました。驚いたことに前回紹介したGoogle HomeAmazon Echo(AIスピーカー)への対応を計画しているそうです。

 

前回のGoogle Home(AIスピーカー)の記事はこちら

 

(注)スマートホームとは家そのものをIoT化することで家全体が頭脳を持ったロボットみたいになることです。 イラスト出典:KDDI

 

 

マウスコンピューター
mouse スマートホーム・スターターキット SK01
価格2万4800円

 

 

このキットの中核となるのがインターネット接続と家電の制御を担うルームハブ(下の写真中央)。これを専用のスマホアプリで家庭の無線LANにつないで使います。またルームハブには赤外線リモコン機能もありテレビやエアコンの遠隔操作もでき、外出先からも利用できます。


koujikouji

現在計画中ですが、このスマートホーム・キットとGoogle Homeの音声アシスタントのタッグが実現したら、まさに鬼に金棒 ですね


SugarSugar

しかしマウスコンピューターが天下のパナソニックを出し抜いて、スマート家電に進出してきたのは驚いたな。


それではスターターキットの内容を見てみましょう!

ルームハブ
•エアコンやテレビなどのコントロール。(赤外線)
•温度、湿度を取得。
•mouse スマートホーム製品を連携させてコントロール。

 

スマートプラグ
•接続された家電機器の電源のオン、オフ。
•電源オン、オフのスケジュール登録。
•電気使用量の確認。
•電気の消費履歴の確認。

 

柏原芳恵柏原芳恵

スマートプラグは自分が起きる時間から家を出る時間の間だけ電源が入るようにセットすれば省エネに役立ちますよ。

スマートLEDライト
•点灯、消灯のスケジュール登録。
•光量調整。
•ドアセンサーやモーションセンサーと連携した点灯や消灯。

 

モーションセンサー
•赤外線で人の動きを検出。
•センサー検出履歴の確認。
•検出と同時にお手元のデバイスへ通知。
•スマートLEDライトと連携し、点灯や消灯。

 

柏原芳恵柏原芳恵

モーションセンサーは人の動きを検出しデバイスに通知します。定期的に履歴も残せるので離れて暮らすご家族の見守りにも最適です。

ドアセンサー
•窓やドアの開閉を通知。
•閉め忘れなどを遠隔地から確認。
•スマートLEDライトと連携し、ドアや窓の開閉に合わせた点灯や消灯。

 

以上がスターターキットでした。
またこれらに含まれていないスマート空気清浄機PM2.5センサーが近々登場予定です。

 

 

【総合評価】


 

koujikouji

mouseのスマートホーム・スターターキット5点セットはAmazonで現在2万4113円で販売されています。スマート家電の初級者向けと侮ってはいけないほどの便利さで評判も良いようです。


柏原芳恵柏原芳恵

このキットが音声認識のGoogle Home対応になったら、SF映画でよく見る近未来の生活が実現できますね。



ブログランキングに登録してあります。
ポチッと応援お願いします。


人気ブログランキング


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村