koujikouji

こんにちは! LL koujiです。
ついに実用的な次世代のEV(電動)スクーターが登場しました。


XEAM(ジーム)
電動スクーター/notte(ノッテ)
販売価格14万7000円(税抜)


SugarSugar

なかなか可愛らしいデザインのEV(電動)スクーターだな
ところでどこが実用的なんだ?

それでは他社メーカーのEV(電動)スクーターと比較してみましょう。



 
テラスモーターズ
A4000i
価格49万9000円(税抜)
 

 

 

 



 
ヤマハ
E-Vino
価格21万9000円(税抜)

 

 
 
 


 
HONDA
EV-neo
価格47万1000円(税抜)
 
 
 
 
 


SUZUKI
e-Let’s
価格29万8000円(税抜)
 
 
 
 


 
 

 

koujikouji

いずれも税抜価格ですが、
これに消費税が加算されると凄いことになりますね。
50万円のスクーターに一般市民は興味あると思いますか?

SugarSugar

なるほど、価格だけを見るとnotte(ノッテ)は電動自転車並みだな。気になる燃費はどうなんだ?


 

 

【ガソリンスクーターよりずっと低燃費】

一般的なガソリンスクーター : 1km 3.4円 ※1
EVスクーター notte    : 1km 0.5円 ※2

※1.ガソリン代128円/L
一般的な50ccスクーター 37.5km/L (30km/h) (実燃費)
※2.1充電最大走行距離60km(25km/h)
1回のフル充電 30円 (東京電力) (定地燃費)
しかも電動スクーターはエンジンオイルの交換も不要です。

 

 

SugarSugar

しかし電動バイクは所定の場所にいって充電しないといけないだろう。

 

いえいえ、そんな時代ではなくなりました。
 


【室内に持込可能な着脱式バッテリー】
自宅やマンションの駐輪場にコンセントがなく、給電出来ない!notte(ノッテ)はそんな悩みも解決できる室内に持ち込み可能なバッテリーボックス方式を採用しています。これにより駐輪スペースにコンセントがなくてもバッテリーを簡単に取りはずし、室内の家庭用コンセントで給電出来ます。また直接コンセントからの給電も可能です
 

 


小回りが効く小さな車体ながら収納スペースもしっかり確保。シート下の収納スペースにはハーフヘルメットがすっぽり収まるサイズ。ヘルメットの収納場所や移動時の荷物置き場の心配もありません。
 

 

 


普段通学・通勤に利用しているバッグを手軽にかけられる荷物掛けフック(耐荷重3kg)をハンドル部に標準搭載。バック以外にもお買い物袋も下げることもできます。
 

 

 


シート内部にUSBポート×1を標準装備。スマートフォンやカメラなどのガジェットの充電や給電に便利です。
 

 

 


明るいLEDライトを採用していますので夜道も安心して走行出来ます
 

 

 
【コンパクトなバッテリー】

notte(ノッテ)の心臓部リチウムイオンバッテリーはコンパクトなのにとてもパワフル

満充電で約60km(25km/h平地走行)も走る事が出来ます。

ちなみに最高時速は42km/h

またリチウムイオンバッテリーはエネルギー密度が高く、小型・軽量なバッテリーを作る事が出来るため、車両重量をバッテリー装着時でも63kgと非常に軽くすることに成功しました。(※一般的な国内で販売されている50ccバイクの重量の平均は約75.5kg)
 
 
 

【動画 所要時間 0:59】

 

 

【総合評価】


 

 

judgejudge

電動スクーターも一般人が気軽に乗れる時代がやってきましたね。ただし注意したいのは無音なので歩行者には近付いてくる気配が全然わかりません。接触事故などの安全面の強化が必要ですね。

SugarSugar

実際の長距離走行と坂道走行の動画を見たが距離が30キロ過ぎると速度が落ちるのと、坂道も傾斜22度が限界だったようだ。重い荷物を載せたりはあまり得意ではなさそう。近所の買い物なんかには便利だな。


 

 
notteの公式サイトはこちら

 

 

ブログランキングに登録してあります。
ポチッと応援お願いします。


人気ブログランキング


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村